LaKeel BIの特長

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

5つの特長

LaKeel BIは、分析に必要なデータの集計・統合・分析・可視化をこれ1つで実現するオールインワンパッケージのBIツールです。集計するデータは基幹システムや情報系システム、Excel・CSVなど形式を問いません。さまざまな種類のデータを自動で集計・統合し、自由なレポーティングで「見える化」します。

経営分析テンプレートや人事定量分析テンプレートをはじめ、さまざまなタイプのテンプレートをご用意。必要なデータをセットするだけですぐに開始できるので、分析業務が初めての方でも安心です。
お客様の実業務に基づいた新たなテンプレートも順次追加されています。

LaKeel BIは、Excelライクな操作感で簡単にお使いいただけるセルフサービス型BIツールです。
グラフやアドホックレポート(非定型帳票)など、さまざまなレポートがドラッグ&ドロップで手軽に作成できます。
また、作成したレポートはWebブラウザでの閲覧、ExcelやPDF出力などさまざまな形式での共有が可能です。

大人数でも一定コストで利用可能な「サーバーライセンス型」の料金体系。「複数の部門で使いたい」という場合でも、低コストでご利用いただけます。

ご導入前の無料ダッシュボード作成サービス「LBISS」、定期的に開催しているハンズオントレーニング。
2つのサポートで、お客様がLaKeel BIを使いこなせるよう、しっかりとフォローいたします。

LBISSとは?
分析ツールご検討のお客様から、分析に必要なデータをお預かりし、無料でダッシュボードの作成を行うサービスです。
ハンズオントレーニングとは?
ダッシュボードや帳票作成を実際に体験していただくセミナーや、分析者の育成を進めるトレーニングなど、無料で何度でも参加できる研修をハンズオン形式で実施しています。

PAGETOP