BIツール活用シーン帳票自動作成ツール

  • 形式を問わずさまざまな
    帳票に対応

  • ドラッグ&ドロップで
    項目を配置

  • ボタン一つで帳票出力!

PDFやExcelフォーマットにも対応!帳票作成をBIツールで自動化

帳票作成に関するよくある悩み

経営者によくある悩み

担当者によくある悩み

人事関連の書類や自治体に提出する書類など、規定のフォーマットへ情報を転記しなければならない業務が多い。原紙がPDFだと手書きするしかなく、時期や内容によってはその業務だけで大幅に工数がかかってしまう。Excelの場合も、枚数が多いとマクロを組んで対応するが、元データの整形やちょっとした項目修正などに労力がかかって大変。

LaKeel BIがそのお悩みを解決!

LaKeel BIとは?
「誰でも、確実に使いこなすことができる」
セルフサービスBI

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。

詳細はこちら
LaKeel BIで帳票作成を自動化!

LaKeel BIの「レポートデザイン&オーバーレイ機能」を使用すれば、さまざまな帳票を自動で作成することができます。画像として取り込んだ帳票フォーマットやデザインツールで作成したオリジナル帳票の上に、表示させたいDB項目をドラッグ&ドロップで配置するだけ!これまで手間のかかっていた帳票作成が、ボタン一つで実行できます。

お客様専用ダッシュボード作成サービス
「LBISS(エルビス)」のご案内

LaKeel BIでは、BIツールの導入効果を実感したいという方向けに、お客様専用のダッシュボード作成を行う「LBISS(エルビス)」を無料で実施しています。
弊社専任スタッフが実務における課題をヒアリングし、お預かりしたサンプルデータを元にダッシュボードを作成。個別にデモンストレーションを実施します。

お申込みはこちら

LaKeel BI導入後の効果

  • 1

    複数人で手書きしていた帳票を自動で作成できるようになり、作業工数が激減。業務に携わっていた人員を減らすことができた。

  • 2

    Excelフォーマットの帳票を出力するためマクロを組んでいたが、動作が不安定なことも多くエラーが頻発。LaKeel BIを利用したところ安定して帳票出力ができるようになり、フォーマットの修正なども担当者で手軽に行えるようになった。

よくある質問

QLaKeel BIを使うと何ができるのですか?

会計や販売、人事システム上のデータやExcel・CSVファイルのデータなど、社内外に存在するさまざまな形式のデータを集計し、ビジネス状況の分析やレポートの出力を簡単に行うことができます。「こんなことに利用したいけれど、できるのかな?」といったご質問にも、弊社専任スタッフがお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

Q価格はいくらですか?

LaKeel BIはサーバーライセンス型の価格体系となっており、データ量やユーザー数増加による追加コストの心配なくご利用いただくことができます。価格については、お気軽にお問い合わせください。

Qどのような業種で利用されていますか?

製造業、流通小売業、サービス業、建設業、金融業、不動産業など、幅広い業種のお客様にご利用いただいております。

Q操作を試してみたいのですが、 どのような方法がありますか?

製品体験 無料セミナーで実際にLaKeel BIを操作していただくことが可能です。また、トライアルライセンスもご用意しております。詳細につきましては、お問い合わせください。

Qクラウド上での利用は可能でしょうか?

クラウドでの利用も可能です。詳細はお問い合わせください。

Q稼働環境を教えてください。

サーバーOS
Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2
Red Hat Enterprise Linux 6
CentOS 6

クライアントOS
Windows 7以降

ブラウザ
Internet Explorer
Google Chrome
Mozilla Firefox

上記以外のご利用につきましては、ご相談ください。

Qデモや説明に来てもらうことは可能ですか?

お客様のご都合に合わせてお伺いいたします。お気軽にお問い合わせください。

LaKeel BIで課題解決に取り組んだお客様の事例をご確認いただけます。無料でご提供しておりますので、ぜひご活用ください。

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、
自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、
さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

本資料では、LaKeel BIをご利用頂き、課題解決に取り組んだ事例をご紹介しています。

  • スクラッチで構築したデータベースの分析をワンクリックで実現
  • 1日がかりの分析作業をわずか1時間に短縮
  • 外部データとの連携でデータドリブンな次世代システム構築を
  • 旧システムの運用方法を変えることなくリアルタイムなレポート表示を実現
  • 週1回のメンテナンス時間が年1回にまで激減

無料ダウンロードはこちらから

BIツール活用シーン

PAGETOP