BIツール入門講座
BIツールとは?

目的・役割に合わせた3つのタイプと弊社BI製品をご紹介します。

BIツールとは?~3つのタイプ~

近年、企業のITビッグデータ活用が拡大し、経営に役立てる動きがますます高まっています。このような中、企業が膨大なデータを用いて、迅速かつ精度の高い意思決定を行うためには、BIツールという道具の活用が欠かせません。ビッグデータ分析において、BIツールのシェアは飛躍的に高まっています。そこでBIツールとは何か、その目的・役割に合わせて大きく3つのタイプに分かれる種類を解説します。

BIツールとは何か

BIツールの「BI」とは、「ビジネス・インテリジェンス(Business Intelligence)」を意味します。ビジネス・インテリジェンスとは、企業が日々蓄積されていく膨大なデータを分析し、その分析結果を経営意思決定に活用することをいいます。 このBIを助けるシステムを総称したものを「BIツール」と呼びます。

BIツールに関するお役立ちコラム
BIツールのメリットと留意点
BIツールはここを見て比較・選定しよう!
セルフサービスBIとは?~従来型BIとの違い~
話題の「働き方改革」!BIはどう貢献できる?

BIツールの目的・役割

BIツールの目的・役割は、膨大なデータから必要な情報を引き出し、経営や売り上げ拡大に活用するために、分析してレポーティングすることであり、誰にでも利用できることに意味があります。いちいちExcelで手集計する必要がなくなり、非常に便利なツールです。知りたいことが浮かんだときに、パッとデータを集計し、分析結果が表示されれば、それほどありがたいことはありません。意思決定にはスピードが求められるため、例えば「ところで、あのデータ集計の結果はどうなった?」と業務に追われる集計担当者をせかす必要もなくなります。

BIツールが持つ3つの仕組みと機能比較

BIツールは、経営者だけでなく部門のリーダーや一般社員など、あらゆる人にとって便利なITツールです。このBIツールには、大きく分けて次の3つの仕組みが備わっています。

01基幹系システムからデータと連携する仕組み

まず、BIツールは既存のデータを使うため、社内の「基幹系システム」と連携する必要があります。例えば、売り上げデータをBIツールで分析したい場合、基幹系システムの一つである「販売・在庫管理システム」からデータを持ってこなければなりません。このように、BIツールには、基幹系システムと連携する仕組みが必要不可欠です。

02分析・集計する仕組み

データを基幹系システムから持ってきたら、いよいよBIツールの本領発揮です。主にデータを収集し、分析して集計する仕組みです。

03ビジュアライズして表示する仕組み

また、BIツールは、データを分析した結果を整えてグラフなどにビジュアライズする仕組みも必要です。例えば、上司にエクセルの数字が羅列された表を渡しても、分かりにくく未完成であるのと同じです。きちんとグラフ化するなどして、見やすいようにレポートする必要があります。これと同様に、BIツールでも分析・集計した結果は、分かりやすくビジュアライズする仕組みが必要です。

このように、BIツールは、1.基幹系システムからデータを連携する仕組み、2.分析・集計する仕組み、3.ビジュアライズして表示する仕組みの3つで構成されています。

どのタイプを選ぶべきか

BIツールを比較・検討している場合、これらの3つのタイプのうち、どれを導入するかは、自社の既存システムやデータがどの状態で準備できるかによって変わってきます。

現在は、③の「アウトプット専門タイプ」で優れたものも多く出ていますが、基本的には、ビジュアル化よりも先に分析力を軸に選定するためにも、②の「BI機能特化タイプ」の検討を考えるのがいいでしょう。

②のタイプでは、データを複数の基幹系システムから収集し、データ抽出の自由度が高く、操作性に優れ、分析結果のビジュアルもよく、非定型レポートにも対応しているなど優れたBIツールもあります。ぜひよく検討してみましょう。

LaKeel BI製品情報

レジェンド・アプリケーションズが提供するLaKeel BIはBI(ビジネスインテリジェンス)や分析に関する知識がなくても、膨大なデータと豊富なテンプレートから様々な課題に対する解決策を複数のユーザーが探索できる分析ツールです。

豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え、分析業務がはじめてのスタッフでも使いこなせるため、予算管理システムや人事データへの活用など、大手企業を中心に様々な企業でご利用いただいております。

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
導入事例
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

同じカテゴリーの講座

活用シーン

LaKeel BIを試してみませんか
LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

LaKeel BI を試してみませんか?

よくあるご質問

  • Q:無料で実施できますか?
    A:はい、LBISSは無料でお申し込みいただけます。
  • Q:実際に触ることができますか?
    A:はい、貴社の実際のデータを反映したLaKeel BIに触れていただくことができます。
  • Q:どのくらいの期間で
    ご提案いただけますか?
    A:通常1~2週間程度でご提案いたします。

PAGETOP