BIツール入門講座
BIツールとは?

目的・役割に合わせた3つのタイプと弊社BI製品をご紹介します。

BIツールとは?

BIツールとは?
BIツールとは企業が持つさまざまなデータを分析・見える化して、経営や業務に役立てるソフトウェアのことです。 BIはビジネスインテリジェンス、つまり、ビジネスの意思決定に関わる情報という意味です。

企業のITビッグデータ活用が拡大し、経営に役立てる動きがますます高まっている中、データを用いて、迅速かつ精度の高い意思決定を行うためには、BIツールという道具の活用が欠かせません。ビッグデータ分析において、BIツールのシェアは飛躍的に高まっています。

そこで本ページでは、BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)の基本から仕組みまでをわかりやすく解説し、BIツールを選ぶ前に知っておきたい機能や活用シーンもご紹介します。

BIツールに関するお役立ちコラム
BIツールのメリットと留意点
BIツール製品はここを見て比較・選定しよう!
セルフサービスBIとは?~従来型BIとの違い~
話題の「働き方改革」!BIはどう貢献できる?

BIとは

BIはビジネスインテリジェンス、つまり、ビジネスの意思決定に関わる情報という意味です。

BIの価値は、さまざまなデータから、行動に移すことが可能な知見を得られることにあります。ITを活用してデータを収集・分析し、その結果をレポートの形でグラフや図表でわかりやすく表現されたものがBIです。BIは、経営層や管理職、現場の従業員に、製品やサービス、業務の改善につながる情報を提供します。

しかし、企業活動の中で日々蓄積されるデータは、しばしばビッグデータと呼ばれるほど膨大になり、ばらばらの場所や別々のシステムに保存されていることも多いため、一般的な表計算ツールで分析しようとすると不正確になってしまったり、データ分析の知識を持った専門職が必要になったり、時間がかかりすぎてBIを作成できた頃にはビジネス環境が変わったりしてしまいます。

そのような問題を前に、価値あるBIの取得をより効率化し、ビジネスパーソンの意思決定を支援するために生まれたのがBIツールというわけです。

BIツールの目的・役割

BIツールの目的・役割は、膨大なデータから必要な情報を引き出し、経営や売り上げ拡大に活用するために、分析してレポーティングすることであり、誰にでも利用できることに意味があります。いちいちExcelで手集計する必要がなくなり、非常に便利なツールです。知りたいことが浮かんだときに、パッとデータを集計し、分析結果が表示されれば、それほどありがたいことはありません。意思決定にはスピードが求められるため、例えば「ところで、あのデータ集計の結果はどうなった?」と業務に追われる集計担当者をせかす必要もなくなります。

BIツールが活用されているシーン

ビッグデータから自社のビジネスを分析し、改善へとつなげられるBIツールは、ビジネスのさまざまな分野ですでに使われています。では、BIツールはどんな場面で活用されているのでしょうか。主なものをご紹介します。

経営分析・財務分析

BIツールは、ビジネスの根幹となる経営そのものを分析することができます。BIツールを導入することで、売上情報や財務状況などの経営分析結果をタイムリーに把握し、迅速な経営判断をすることができます。

営業分析・売上分析

直接収益を上げる部門として企業になくてはならない営業部門。属人化しがちな営業業務も、BIツールでデータを蓄積して分析すれば、よりよい売上の創出と組織体制の構築につなげられます。

人事データ分析

人事に関する業務もデータドリブンな意思決定が重要になっています。リモートワークやジョブ型雇用の導入に伴う新たな人事課題に対しても、BIツールによってデータや統計に基づいた判断を支援します。

残業分析

「人事システム×勤怠管理システム×Excelの工数管理表」など、異なるシステムやファイルのデータをBIツールで統合し、多角的に分析することができます。

予算管理システム

最新の予実データをいつでも見られる予算管理システムをBIツールで構築することができます。

データ集計

BIツールでは、集計業務を効率化させるデータ集計ツールを構築できます。LaKeel BIなど、Excelのファイルをそのまま使うことができるBIツールもあります。

帳票自動作成

最新の予実データをいつでも見られる予算管理システムをBIツールで構築することができます。

BIツールのメリット

BIツールは、収集した社内外のあらゆるデータを活用した、より迅速かつ精度の高い意思決定を助ける道具です。状況を正確に把握できるのはもちろん、その背後にある様々な原因や問題・課題を深堀りできるメリットがあります。

BIツールのデメリット

BIツールには、メリットや効果だけでなく、デメリットもあります。

とくに大きなデメリットが、慣れ親しんだこれまでの方法からBIツールという新しい方法に変えることで、設定に手間がかかったり、操作や画面に慣れる必要があるという点です。結果、BIツールを導入したものの、活用しきれず失敗に終わってしまう企業もあるといわれています。

こういった事態を避けるには、BIツールの中でも、セルフサービスBIと呼ばれる、専門知識のないユーザーだけで使うことを前提に作られたものを利用する方法が有効です。さらに、セミナー研修プログラムの充実しているBIツールを選ぶと、デメリットをカバーすることができて安心です。

BIツールが持つ3つの仕組みと機能比較

BIツールは、経営者だけでなく部門のリーダーや一般社員など、あらゆる人にとって便利なITツールです。このBIツールには、大きく分けて次の3つの仕組みが備わっています。BIツールが持つ3つの仕組みと機能比較

01基幹系システムからデータと連携する仕組み

まず、BIツールは既存のデータを使うため、社内の「基幹系システム」と連携する必要があります。例えば、売り上げデータをBIツールで分析したい場合、基幹系システムの一つである「販売・在庫管理システム」からデータを持ってこなければなりません。このように、BIツールには、基幹系システムと連携する仕組みが必要不可欠です。

02分析・集計する仕組み

データを基幹系システムから持ってきたら、いよいよBIツールの本領発揮です。主にデータを収集し、分析して集計する仕組みです。

03ビジュアライズして表示する仕組み

また、BIツールは、データを分析した結果を整えてグラフなどにビジュアライズする仕組みも必要です。例えば、上司にエクセルの数字が羅列された表を渡しても、分かりにくく未完成であるのと同じです。きちんとグラフ化するなどして、見やすいようにレポートする必要があります。これと同様に、BIツールでも分析・集計した結果は、分かりやすくビジュアライズする仕組みが必要です。

このように、BIツールは、1.基幹系システムからデータを連携する仕組み、2.分析・集計する仕組み、3.ビジュアライズして表示する仕組みの3つで構成されています。

BIツールの種類と比較

一口にBIツールと言っても、ツールごとに機能や特徴が異なるため、導入を検討するときに一つ一つ調べて比較していくのは大変です。

そこで、BIツールを「無料系」「海外系」「国内系」の3種類に分類するのがわかりやすくおすすめです。

それぞれの種類について、特徴を比較してみましょう。

1)無料系BIツール
大手IT企業などが無料でBIツールを提供しています。手軽にBIツールを活用できるのが無料系BIツールの一番のメリットで、簡単なデータ集計やデータ分析なら無料で済んでしまうかもしれません。

一方、自分で調べながら使うことになるため、試行錯誤の時間がまとまって必要です。また、無料系BIツールは基本的にどれも一部機能や条件に制限がかかっており、本格的なBIの構築には、有料版の契約が必要になります。

2)海外系BIツール
BIは元々アメリカで生まれた概念ということもあり、アメリカや海外で作られた有料BIツールもシェアが大きいです。

その中には日本語に対応しているものもあります。例として、2019年に大手SaaS会社の買収を受け、その後、日本でも積極展開している海外系BIツールなどがあります。海外系BIツールには、非常に多機能なものが多く、分析の専門家の高い要求に応えるものも多いのが特徴です。

3)国内系BIツール
LaKeel BIを始めとする国内系BIツールは、日本国内のビジネス現場に合わせた機能や使い勝手が特徴です。カタカナの専門用語や、英語を直訳したようなわかりにくいマニュアルばかりだと、生産性を上げるためのBIツールによって、パソコンやITが得意ではない人の生産性が逆に下がりかねませんので、そういった可能性があるなら、国内系BIツールがおすすめです。

国内系BIツールは、サポートやセミナーも充実しているケースも多く、無料系BIツールや海外系BIツールと比較して、ツールの運用が軌道に乗るまでの時間と負担を抑えやすいといえます。

BIツールを選定するときには、まず無料系か海外系か国内系かを決め、その種類の中で、具体的なツールの比較をすると効率的です。

LaKeel BI製品情報

株式会社ラキールが提供するLaKeel BIはBI(ビジネスインテリジェンス)や分析に関する知識がなくても、膨大なデータと豊富なテンプレートから様々な課題に対する解決策を複数のユーザーが探索できる分析ツールです。

豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え、分析業務がはじめてのスタッフでも使いこなせるため、予算管理システムや人事データへの活用など、大手企業を中心に様々な企業でご利用いただいております。

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP