BIツール活用シーンダイバーシティ分析ツール

  • さまざまな切り口から
    課題を分析

  • 直観的に使える
    インターフェイス

  • すぐに使える
    将来予測テンプレート

自社に最適なダイバーシティ経営の実現へ

■ダイバーシティ経営とは?

「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」のことです。
※経済産業省のサイトより抜粋

ダイバーシティ経営実現に関するよくある悩み

経営者によくある悩み

  • ダイバーシティ経営推進のため、施策を過去に何度か実施したが、あまり成果が出ず終わってしまった。
  • 多様な人材を積極活用しながら企業全体の生産性を高めていきたいと考えているが、自社に合った手法が見つからず悩んでいる。
  • データに基づき、自社に最適な施策や採用・育成計画を立てたい。

担当者によくある悩み

  • 年齢・性別・国籍・子どもの有無などの属性に基づいて社員を分析し、今後どのような人材を重点的に採用・育成すべきか計画を立てたいが、属性ごとにデータを集計するのが大変。
  • ダイバーシティ経営実現に向けての施策実行前後で全社的にどんな変化があったかを検証したいが、さまざまな観点からデータを可視化するのに手間がかかり、なかなか実現できない。

LaKeel BIがそのお悩みを解決!

LaKeel BIとは?
「誰でも、確実に使いこなすことができる」
セルフサービスBI

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。

詳細はこちら
解決 01:さまざまな視点からダイバーシティ経営を分析

企業が自社に最適なダイバーシティ経営を実現するためには、さまざまな切り口から現状把握や施策の効果測定を行う必要があります。LaKeel BIは、ドラッグ&ドロップなどの直感的な操作で項目の入れ替えや絞り込みが可能。単なる目標数値の達成のみでなく、成果に偏りがないか、全社的なパフォーマンスが落ちていないかなど、さまざまな視点で分析を行うことができ、その結果を元に改善を繰り返していくことで、自社に最適なダイバーシティ経営を可能にします。

解決 02:将来予測機能で数年先を「見える化」

LaKeel BIの「将来予測テンプレート」を使えば、データをセットするだけで数年後の人員構成をすぐに見える化。年齢・性別・役職・国籍など、属性ごとの人員構成の予測が簡単に行えます。また「●年後に女性管理職が▲人になる」などの予測結果を元に、それに備えた採用・育成計画を立てることも可能となります。その他にも分析テンプレートを多数ご用意。分析業務が初めての方でもすぐにデータを有効活用できます。

お客様専用ダッシュボード作成サービス
「LBISS(エルビス)」のご案内

LaKeel BIでは、BIツールの導入効果を実感したいという方向けに、お客様専用のダッシュボード作成を行う「LBISS(エルビス)」を無料で実施しています。
弊社専任スタッフが実務における課題をヒアリングし、お預かりしたサンプルデータを元にダッシュボードを作成。個別にデモンストレーションを実施します。

お申込みはこちら

LaKeel BI導入後の効果

  • 1

    目標の達成率だけでなく、全社的な生産性を考慮した効果測定ができるようになり、より適切なダイバーシティ経営に近づけることができました。

  • 2

    将来予測機能を使い、5年後の人員構成を見える化。積極採用が必要なポジションや属性が具体的に数値化でき、適切な対策につなげることができました。

関連事例

よくある質問

QLaKeel BIを使うと何ができるのですか?

会計や販売、人事システム上のデータやExcel・CSVファイルのデータなど、社内外に存在するさまざまな形式のデータを集計し、ビジネス状況の分析やレポートの出力を簡単に行うことができます。「こんなことに利用したいけれど、できるのかな?」といったご質問にも、弊社専任スタッフがお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

Q外出先の営業や、支店のスタッフがリアルタイムにレポート閲覧することは可能ですか?

LaKeel BIで作成したレポートやダッシュボードはWeb上で閲覧が可能です。インターネットをご利用いただける環境であれば、確認したいレポートのURLをクリックするだけで、いつでもどこでも最新情報を確認いただくことが可能です。

Qどのような業種で利用されていますか?

製造業、流通小売業、サービス業、建設業、金融業、不動産業など、幅広い業種のお客様にご利用いただいております。

Q操作を試してみたいのですが、 どのような方法がありますか?

製品体験 無料セミナーで実際にLaKeel BIを操作していただくことが可能です。また、トライアルライセンスもご用意しております。詳細につきましては、お問い合わせください。

Qクラウド上での利用は可能でしょうか?

クラウドでの利用も可能です。詳細はお問い合わせください。

Qユーザ向け・管理者向けの教育はありますか?

お客様先での集合研修やセミナー形式でのハンズオントレーニングなど、さまざまなメニューをご用意しております。
貴社のご要望に合わせた導入・教育メニューもご用意することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

Q稼働環境を教えてください。

サーバーOS
Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2
Red Hat Enterprise Linux 6
CentOS 6

クライアントOS
Windows 7以降

ブラウザ
Internet Explorer
Google Chrome
Mozilla Firefox

上記以外のご利用につきましては、ご相談ください。

Qデモや説明に来てもらうことは可能ですか?

お客様のご都合に合わせてお伺いいたします。お気軽にお問い合わせください。

LaKeel BIで課題解決に取り組んだお客様の事例をご確認いただけます。無料でご提供しておりますので、ぜひご活用ください。

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、
自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、
さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

本資料では、LaKeel BIをご利用頂き、課題解決に取り組んだ事例をご紹介しています。

  • スクラッチで構築したデータベースの分析をワンクリックで実現
  • 1日がかりの分析作業をわずか1時間に短縮
  • 外部データとの連携でデータドリブンな次世代システム構築を
  • 旧システムの運用方法を変えることなくリアルタイムなレポート表示を実現
  • 週1回のメンテナンス時間が年1回にまで激減

無料ダウンロードはこちらから

BIツール活用シーン

PAGETOP