BIツール入門講座

ビッグデータ活用のポイントとその将来性とは?

今、企業が持続的成長の実現にむけて、営業・マーケティングや生産・開発などの業務を遂行していくなか、データの活用は欠かせないものとなっています。中でも、テクノロジーの進化に伴い、日々膨大で多種多様なデータの生成・収集・蓄積ができるようになったことから、ビッグデータの活用はさらに、各企業で進んでいます。
今回は、ビッグデータの活用事例や活用のポイント、今後のビッグデータの将来性について解説します。

経営の意思決定を加速するビッグデータ活用とは

テクノロジーの進化により、多種多量のデータが日々社内の各所で生まれ、膨大なデータとして蓄積されています。

ビッグデータとは、社内のあらゆるデータや第三者データを含めた多種・多様な形式の、リアルタイムに生み出されるデータ群を指します。

ビッグデータを分析・解析し、活用することで、未来の予測や異変の察知、ビジネスや社会に有用な知見の獲得などが可能になることから、会社の経営及び業績に、これまでにない成果を産み出せるといわれています。

例えば、ビッグデータ活用で、顧客のニーズにより合致する商品・サービスの提供、経営・営業などの各種業務の効率化・最適化、課題解決、新たな仮説の発見などが可能になります。

業種別ビッグデータ活用例

ビッグデータは、業種ごとにさまざまな種類が活用されており、それぞれに役立てられています。業種別に、ビッグデータの活用例をご紹介します。

小売業

小売業では、商品の出荷データ、店舗別・地域別の売上データ、店内カメラのデータ、地域の天候データなどを収集・取得して、マーケティング戦略や商品売上増大、ビジネスの拡大などのためにビッグデータとして活用しています。

鉄道業

ICチップ付きの交通カードは、駅の改札をタッチしたときや買い物をしたときに、鉄道会社にその情報が送られ、ビッグデータとして蓄積され、活用されています。例えば、鉄道会社の中には旅行業も営んでいる場合がありますが、そうした旅行商品のマーケティングなどに役立てられています。

製造業

例えば、IT製品の製造業では、パソコン部品などの製造における何万種類にも及ぶテストを効率化するために、ビッグデータを活用している企業があります。ビッグデータを活用することで本当に必要なテストを見極めることができ、テストの数を絞ることが可能となります。また、製品の品質改善においてもビッグデータが役立っています。

建設業

人材不足が特に深刻な建設業では、AI活用が進んでいます。例えば、建設に使用する機械を操作する熟練オペレーターの操作から情報を取得し、その膨大なビッグデータをAIに学習させて、将来、AIが代わって操作するといったことを目的に取り組んでいる企業もあります。

金融業

金融業の中でも、たとえば銀行においては、今や店舗以外にインターネットバンキングなどネット上における顧客接点があるため、さまざまな顧客データを取得できます。あらゆる顧客接点において取得したビッグデータを統合し、マーケティングに活用しています。

ビッグデータ活用のポイント

このように、ビッグデータは各業種において、多様な活用がなされています。ビッグデータ活用に当たり、より効率的かつ、有用な成果を出すためには、いくつかポイントがあります。そのポイントの中でも、主要なものをご紹介します。

ビッグデータ活用そのものがゴールではない

ビッグデータの活用をする前には、社内に散在するデータの選定、形式統一、統合の後、分析・解析、そして視覚化するといった前準備が必要になります。また、その視覚化されたデータをどのように見て、どのように活用するかを計画することも重要になります。
しかし、ビッグデータ活用の一連のあらゆる工程は、あくまで工程であってゴールではありません。そもそも、なぜビッグデータを活用するのかのゴールをあらかじめ定めておくべきで、そのゴールは、決して「ビッグデータ活用」そのものではないという認識を持つことが重要といえます。まずは社内の課題を把握し、ビッグデータ活用の目的を明確にすることが必要になるでしょう。

ビッグデータ活用の効果検証が重要

ビッグデータの統合、視覚化といった一連の工程に成功した後、うまくビッグデータを活用できたとします。その後で重要なのは、実際、ビッグデータを活用して、効果がどのくらい表れたかどうかの検証です。この検証を重ねていくことが本当に必要なデータが見えてくるでしょう。

継続してデータ収集・活用を行っていく

ビッグデータは一度活用すれば終わりではありません。そもそも、ビッグデータ活用は、データの収集とその継続活用による知見が蓄積されていくことで、どんどん成果が表れてくるためです。一度目の効果検証を行い、思うような成果が出なかったとしても、今後、出てくる可能性が十分にあります。何より、継続させるためのスムーズな仕組みの構築が必要といえます。

ビッグデータ活用のこれから

ビッグデータ活用は、今後、ますます多くのデータを組み合わせ、従来では想像もつかなかった新事業、新産業を生み出す可能性が期待されています。

また、人材不足や環境問題などのあらゆる社会的な課題を解決するための手段としてもビッグデータ活用は進んでいくことでしょう。

期待の高まるビッグデータを継続して活用していくためには、企業内に散在するデータを連携、統治、可視化、再利用を行うことができるBIツールを導入し、仕組み作りから整えるという方法が有効です。

まずは自社の目的を明確にした上で、ビッグデータ活用を行っていきましょう。

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP