BIツール入門講座

データを有効活用しよう!“伝わるデータ分析”基本ステップ

売上データや顧客データ、人事データ、財務データ・・・企業にはさまざまなデータが存在しています。そして、その手元にあるデータからさまざまな情報を引き出し、もっと業務に活用したいと考える方も多いでしょう。今回は、有益な情報を引き出す「データ分析」の基本的な方法についてご紹介します。

一目で伝わるデータ分析~3つのステップ~

上に挙げたような身近に存在するデータは、多くの場合、Excel形式で保存されていたり、様々なシステムのDB上に格納されていたりします。それらのデータは「数字や文字の羅列」であることが多く、短時間で必要な情報を読み取るのは困難です。ビジネスの意思決定に必要となる「有益な情報」にするには、分かりやすく「可視化」し、データの持つ様々なメッセージを閲覧者に一目で伝えられるようにする必要があります。

01まずは「集計」からスタートしよう

可視化のためのステップとして、まず初めに行うのは「集計」です。データを年齢別・製品別・期間別等、共通のカテゴリで集計することにより、データの持つ意味が見えやすくなります。

02集計したものをグラフ化する

集計された一覧表のみで情報が伝わる場合もありますが、それをグラフ形式で表示することにより、さらに情報が伝わりやすくなります。

・製品ごとの売上金額を棒グラフで表示する
・部署ごとの年齢構成比を円グラフで表示する
・月ごとの新規顧客獲得数の推移を折れ線グラフで表示する

など、それぞれのシーンに適した形式でグラフ化することにより、一目で情報を伝えることができます。

03グラフや集計表を並べてダッシュボード形式にする

それぞれのデータを見やすく加工できたら、それを一画面に集約した「ダッシュボード形式」にするとよいでしょう。必要なデータをまとめて一覧表示することにより、ファイルをいくつも開くことなく一画面でさまざまな情報を確認することができます。

ダッシュボードでデータを可視化!

このように、「集計⇒グラフ化⇒ダッシュボード化」のステップで、一目で“伝わる”データになります。これらのデータから読み取れる情報を経営戦略や営業戦略に役立てることで、企業の成長に大きく貢献することができるのです。
ダッシュボードの作成はExcelのグラフ作成機能でも手軽に行うことができます。まずは手元にあるデータを使って、簡単なダッシュボードを作成してみると良いでしょう。

手軽にダッシュボード作成ができる「BIツール」とは?

BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

同じカテゴリーの講座

PAGETOP