BIツール入門講座

BIツール導入による「迅速な意思決定」が企業の成長を加速する!

企業にとって迅速な意思決定は、従来から競争に勝つために欠かせないことです。しかしIT化が進む昨今、これまでのような経験や勘に頼る経営ではなく、データをもとに判断し、意思決定を迅速化することに多くの企業が着手しています。

そして、これからはグローバル化も加速していくことから、海外市場の変化の読みにくさや変化の激しさを背景に、さらに意思決定の迅速化は急務となっています。
このような中、BIツールを用いる方法が注目を集めています。今回は、BIツールを取り入れた意思決定の迅速化の方法、そして、それによりメリットを得やすい企業や業務について解説します。

意思決定の迅速化の手法

企業が意思決定を迅速化するには、一般的に次の手法が考えられます。

1システム導入

昨今、経営環境が厳しいといわれる中、企業が生き残るためにはデータをいかに経営に役立てられるかが重要になってきています。データは収集するツールさえあればどの企業でも収集できますが、それを有意義に活用できるかどうかはまた別の問題です。いかにデータを活用して迅速な意思決定ができるかどうかが、企業の命運にも関わってくるのです。

このように、データをいかに経営の意思決定に活かすかという課題がある中で、近年注目を集めているのが、システム利用です。従来、データを収集した後、加工・分析する際には、Excelなどの手作業で行っていました。しかし、手作業では時間も手間もかかり、到底迅速化にはつながりません。またExcelに展開できないデータも少なくありません。

そこでExcelで行っていた作業を任せられ、あらゆるデータを横断的に集めて分析し、わかりやすくビジュアル化するシステムを導入することに注目が集まりました。それが「BIツール」です。

BIツールのBIとは「ビジネス・インテリジェンス(Business Intelligence)」のことで、企業が日々蓄積されていく膨大なデータを分析し、その分析結果を経営意思決定に活用することをいいます。このBIを助けるシステムを総称したものを「BIツール」と呼びます。

すでに多くの企業が、意思決定にBIツールを取り入れ、活用しています。

2組織改革

「組織改革」も、意思決定の迅速化を加速させるための王道の手法といえます。例えば、分業が行き過ぎた組織や多層化構造の組織など、非効率な構造を持つ企業は、その構造が迅速な意思決定を妨げているケースがあります。この場合、組織改革で意思決定の迅速化を図る方法がとられることがあります。

例えば、本部、統括部、部門の数を減らし、スリム化を行うことで、意思決定の迅速化を図ります。3階層の中間層を削減して2階層にするといったことも行われます。

このように意思決定の経路を短縮し、迅速化を図る手法が組織改革です。

3権限移譲

権限移譲も、意思決定の迅速化を図るために行われる王道の手法です。例えば、社長に権限が集中している場合、どの現場も社長の承認を得ずしては動けないことから、社長が他の業務に携わっていた場合、どうしても承認の待ち時間が発生してしまいます。

こうした状況下では、社長より下の層のリーダーにいくつか権限委譲することによって、意思決定がスピードアップします。現場もすぐに動くことができることから、より生産性が高まり、売上や利益の向上につながります。

また、近年は、権限を各事業会社に移譲するために、ホールディングス化する企業も多くみられます。企業は成長していけばさまざまな方向へ事業を広げていきますが、その際、別会社を創設するなどして複数会社化していくと、組織がどんどん肥大化していき、意思決定のスピードも遅くなります。この問題を解決すべく、グループ企業の再編を試みることがよく行われます。

BIツール導入を検討すべき企業とは?

意思決定の迅速化を図るために、様々な手段がある中で、BIツール導入を検討すべきなのはどのような企業なのでしょうか。そうした企業が持つ課題や特徴を見ていきましょう。

1システムがボトルネックになっている企業

意思決定のスピード低下の原因がシステムに問題がある企業は、BIツール導入に最も適した企業と言えます。例えば、基幹システムのデータなどを、すでにデータ抽出システムを使用して出力しているものの、Excelにしか出力できないことから二次加工の時間と手間がかかりすぎるという課題はよくあります。また手作業で集計ミスが発生すると、正確なデータを経営層に渡すことができなくなります。経営に必要な状況把握や営業戦略立案のための状況把握を行い、より迅速な意思決定を目指しても、これでは実現しません。

その点、BIツールは、分析に必要な社内外のデータを横断的に利用できる仕組みがあることが一般的で、グラフ化などビジュアル面でも見やすく、状況を把握しやすい形でアウトプットします。

例えば、BIツール「LaKeel BI」には分析に必要な社内外のデータを収集・加工・統合する「ETL」機能を搭載しており、基幹システムやExcel上のデータなどを取り込み、横断的に利用することが可能です。

データ分析にかかる時間と手間を大幅に削減することにより、スピーディーで正確性の高い経営資料作成が可能になることから、意思決定の迅速化につながります。

2経験や勘に頼らない戦略立案をしたい企業

従来は、経験や勘に頼ってきた経営・営業戦略立案を、データに基づき、実際の売上やターゲットに応じて実施していきたいと考える企業にも、BIツールは役立ちます。

また、データ分析に慣れていない企業は、データを収集すること自体にも課題があります。現場からなかなかデータが定期的に上がってこないといったケースも少なくありません。そのような中、部署を横断してあらゆるシステムのデータ活用を可能にするBIツールは、1で述べた通り、タイムリーな集計・分析・可視化を可能とし、迅速な戦略立案を助けます。

3人事に関する意思決定の迅速化を図りたい企業

BIツールは、人事分野の意思決定にも役立つツールです。人事でよくある課題の一つに、自社で活躍する人材を採用していく際に、必要な条件が明確になっていないことがあります。また現在の社員の生産性や賃金の妥当性を確認したいものの、システムが複数にまたがっており、把握しにくいといった課題もあります。

そんなときにBIツールが、人事に関する意思決定の迅速化に役立ちます。BIツールを用いれば、売上データや会計データなどの人事以外のデータも統合して分析ができるようになります。例えば、営業マンを採用したい場合、適性検査の結果と営業マン個人の売上データを集計・分析し、「売れる営業マンの理想像」を作成することで、今の営業部門に求める人材が明確となり、採用に活かすことができます。

また、BIツールによってアウトプットされたデータや統計に基いた、戦略的な人事評価・人材育成の方針を策定することもできます。

まとめ

企業が意思決定の迅速化を図っていくことは、企業の成長を加速することにもつながります。その中でも、BIツールを活用したシステム導入は、経営はもちろん、営業、人事をはじめとしたあらゆる部門の意思決定の迅速化を助けます。

BIツール「LaKeel BI」は、意思決定の迅速化にBIツール導入が適している企業に最適なシステムです。意思決定の迅速化に課題をお感じの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP