BIツール入門講座
BIツールご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

従業員の健康管理の方法は?BIシステム活用で効率化

近年、企業において従業員の健康を管理することは重要な責務の一つとなってきています。なぜ、企業が従業員へ健康投資を行う「健康経営」が注目され、重要視されているのか。そして、健康管理はなぜ必要なのか改めて確認をしておきたいと考える経営者や人事担当者の方もいるでしょう。そこで、従業員の健康管理には何が必要なのか、企業の健康管理の指標や手法、システム導入が進んでいる理由や健康管理におすすめのBIツールをご紹介します。

従業員の健康管理に力を入れる企業の背景

従業員の健康管理に力を入れる企業は、どのような背景の下、施策を行っているのでしょうか。

01安全配慮義務

日本には、過度の残業や長時間労働によるうつ病や自殺などの問題があります。2008年に施行された労働契約法では「安全配慮義務」として、企業は従業員に対して生命や身体の安全を確保しながら働けるように配慮する義務がある旨が明文化されました。これを受け、企業は率先して従業員の健康管理に勤しむ必要性がでてきました。
また出社していても体調不良などで生産性が低下している状態となっていることもあることから、すべての従業員に丁寧に気を配る必要が出てきています。

02労働安全衛生法

労働安全衛生法とは、従業員の安全・健康の確保、快適な職場環境の形成促進を目的とした法律です。

この法律では、事故や怪我の対策だけでなく、事業責任者(企業)の責任として、健康診断結果報告書の提出やストレスチェックの実施などが挙げられています。

また、会社の規模によっては、産業医に労働者の健康管理等を行わせる義務があります。

つまり、法律上、企業はこれらの取り組みによって、労働者の心身の健康状態に配慮し、課題があれば改善する必要があると言えます。

03「健康経営」の広がり

近年企業は徐々に健康経営にシフトしています。健康経営とは、経済産業省の定義によれば、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することを指します。
また国では健康経営推進のために顕彰制度として、「健康経営銘柄」の選定や「健康経営優良法人認定制度」の創設を行っています。こうした国の推進を受けて、選定を受けることを目的の一つにして、各企業は健康経営に取り組んでいます。

04コロナによる健康意識の高まり

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、社会的、組織的に健康意識が高まりました。感染予防のためというのはもちろんのこと、できるだけ感染を広げないためにも、従業員の健康視点で、ものごとを考える動きが定着してきました。

従業員の健康管理の指標

上記のような背景から従業員の健康管理が積極的に実施される中、目標値の設定は成果を図るためにも重要になってきます。具体的にどのような指標が使用されているのか見ていきましょう。

●KPIを種類ごとに設定する

主に、フィジカル面、生活習慣面、メンタル面の3種類のKPIが設定されることが多くあります。フィジカル面では疾病強度率、生活習慣面では生活習慣病平均所見率や禁煙率、メンタル面ではストレスややりがい、働き方などが考えられます。メンタル面については特に数値化しにくいですし、企業ごとに重視するメンタルも異なると考えられます。そこで、多くの企業では独自の指標を作っている場合があり、例えば「働き方指数」というものを作り、従業員一人一人の働き方に関する意識や行動、取り組みのレベルを定量的に測定している企業の例があります。そしてこれらのKPIの目標値を種類ごとに設定し、実績を比較していきます。

●一年、中長期それぞれ目標値を出す

目標値は、一年ごと、そして中長期ごとのそれぞれの値を出すことが重要です。中長期の達成目標から逆算し、一年単位での達成目標に落とし込んで設定していくと、数値を設定しやすくなります。

●アウトカムKPIとプロセスKPIを活用

健康管理のKPIには、結果で評価するアウトカムKPIと、過程で評価するプロセスKPIの2方面の捉え方があります。例えば、喫煙率やストレスチェックの高ストレス者率については、アウトカムKPIとなり、一方で、健康診断の再受診率や健康研修参加率などについては、プロセスKPIとして活用することが可能です。

●健康サーベイや健康診断の結果から指数を出す

指標を設定する際、それぞれのKPIの数値をどこから取得してくれば良いかわからないという課題があります。対策として一つ考えられるのが、健康サーベイや定期健康診断の結果を参照するということです。この場合は企業自身や健康保険組合などが保有する従業員のデータを整理して用います。また、新しく情報を集めるだけでなく、すでにあるデータを掛け合わせることも重要です。

従業員の健康管理の具体的方法

指標を設定した後、従業員の健康管理を実施していきます。具体的には次のような方法が考えられます。

・定期健康診断の実施
・健康サーベイの実施(ストレスチェック含む)
・産業医など相談窓口の設置
・長時間労働の改善のための活動
・休憩スペースを整えるなど休憩しやすい環境作り
・健康管理セミナーの実施

まず定期健康診断や健康サーベイを実施して従業員の現状データを取得しデータを一元管理することが重要です。常時50人以上の労働者を使用する場合に定められている、産業医の設置はもちろん、別途、専門家による相談窓口を設けるなども考えられます。
また、長時間労働の是正が必要な場合には、トップダウンで啓蒙するほか、リーダーが積極的に残業を辞める、有休を取得するなどの基本的な対応や週に1~2日はノー残業デーを設けるなどの施策も有効的です。
その他、休憩スペースを拡充、新設するなどしてリフレッシュしやすい環境作りも、ストレス改善等への効果が期待できます。従業員に健康管理の大切さを啓蒙するため、健康管理セミナーを開催する等も一つの手段として考えられます。

従業員の健康管理にシステムの導入が進んでいる理由

従業員の健康管理施策を実施する際に、BIツールといったシステムを活用する企業も増えてきています。そうした企業は、なぜ健康管理システムを導入しているのか、その理由と共に活用法をご紹介します。

●健康管理にシステムの導入が進んでいる理由

・健康診断等のデータを一元管理できる
健康管理にシステムを活用することによって、定期健康診断やストレスチェックの結果データを蓄積し、一元管理することができます。これにより従業員の健康状態を可視化できるようになり、データ同士を掛け合わせるなどして多角的で効果的な健康管理が可能になります。

・勤怠データ等とのデータ連携により管理が効率化する
データ連携の観点からも有効です。例えば勤怠データと健康診断やストレスチェックの結果データを連携させることで、労働時間との相関関係が可視化され、個人に対する対策や傾向を把握することができるようになり、健康管理が効率化します。

・報告書の自動作成に役立つ
労働基準監督署へ提出する報告書を自動で作成できるシステムもあり、それを活用することで、作業負担の軽減と効率化につながります。

●健康管理システムの活用法

健康管理システムの活用法として、例えば次の方法が挙げられます。

・各種診断結果のデータ分析・活用・事後措置
・健康診断の予約管理
・産業医・保健師面談の記録・管理
・過重労働者への対応
・メンタルの簡易的な診断
・健康診断などの再検査の勧奨メールの自動送信
・労働基準監督署への報告書作成

このように、健康管理システムは企業の健康管理施策に関連する様々なシーンで活用することができますので、現在の業務の効率化し、より高度で効果的な施策を行うことができるようになります。

健康管理におすすめのシステム「LaKeel BI」

健康管理はシステムを導入することで、効率的に管理できます。健康管理システム選びの際に、ぜひおすすめしたいのが、BIツール「LaKeel BI」です。

LaKeel BIは、社内にあるあらゆるデータを統合し、分析が初めての人でも使いやすく、わかりやすく可視化する業務分析ツールです。

●健康管理におすすめの理由

LaKeel BIは、全従業員の健康診断受信状況を一元管理できる健康管理システムとして活用できます。健康診断結果の確認はもちろんのこと、蓄積されたデータをあらゆる角度から分析し、社内での健康管理に役立てられます。
また人事システムやExcelなどに分散する人事関連データ、例えば勤怠データや人材スキルデータ等を連携することで、健康管理をタレントマネジメント等と合わせて実施でき、健康経営に寄与する健康管理が実施できます。

●LaKeel BIの特長

LaKeel BIでは、企業ごとに異なる様々なデータを連携することで、様々な数値を可視化することが可能です。さらに、必要なデータをセットするだけで、複数システムやデータファイルの情報を一元的に集約し、横断的な分析をスピーディーに行うことが出来ます。

まとめ

従業員の健康管理施策は、今、多くの企業で実施されるようになっていることからも、その重要性が分かります。企業の健康経営という観点から健康管理を効率的に実施するためには、特に健康管理システムの導入が欠かせません。システム選定時には、ぜひLaKeel BIをご検討下さい。

LaKeel BI
https://bi.lakeel.com/kenkou/

BIツールご検討中の方必見 お役立ち資料一覧

BIツールをご検討中の方向けに、基本が分かるまるわかりガイドや導入前チェックシート、事例集や職種別の活用トレンドまで、各種お役立ち資料をご用意しています。
是非、ご覧ください。

資料例
  • BIまるわかりガイド
  • BIツール導入前確認シート
  • BIツール活用トレンド
  • 導入事例集

など

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード BIツール活用トレンド 資料ダウンロード BIツールまるわかりガイド

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP