BIツール入門講座

予実管理とは?予実管理の方法とよくある課題の解決策

予実管理は、企業が経営目標を達成し、継続的に成長していくために欠かせないものです。しかし予実データとしてすぐに欲しいデータが取り出せなかったり、Excelファイルの合算に時間と手間を要したりする課題はよくあります。そこで本記事では予実管理の基本や手順、課題とその解決策をご紹介します。

予実管理とは?

予実管理とは、企業においては予算と実績を管理することを指します。企業は経営目標を設定し、それを達成するために事業を行いますが、その目標達成のためには売上と経費の予算策定とともに、実際の数値との差異や達成率を評価することが必要になります。その予算と実績を管理する管理会計の手法が予実管理です。

予実管理の重要性

予実管理では、予算と実績が適切か、そして予算と実績の数値に差異がありすぎないかを確認することが重要です。適切に行っていけば、早期に問題が見つかった際にも素早く対処することができます。

予実管理の方法

では、予実管理は実際にどのように行うのか、予実管理の手順をご紹介します。

1.利益目標を設定する
事業ごと、部門ごとに予算を設定し、目標を設定します。漠然と目標を設定することはできないため、自社の過去の実績や成長率と照らし合わせたり、競合他社や業界全体の実績や成長率と比べたりして、妥当な利益目標を設定します。もちろん、ある程度の理想に基づくことも必要ですが、大きく乖離しないように達成可能な利益目標を設定します。

2.具体的な数値目標を設定する
設定した利益目標に基づき、実際の費用の予算を設定します。達成にある程度のハードルを設けることで、適切な数値を設定できます。

3.予算を立てる
立てた数値目標を達成するために部門ごとに予算を洗い出していきます。全社として目標と乖離していないかを十分に確認したいところです。
またビジネスの繁忙期と閑散期では、予算も実績も違います。予算を決める際は、具体的にいつのデータを参考にするかよく考えた上で行うことが重要です。

4.月次決算を行い、軌道修正する
毎月決算を行い、予実管理をつど行います。毎月行うことにより、精度を高めていくことができます。設定した予算と実績に差が出るたびに修正します。月次で行っていけば、より軌道修正が容易になります。

5.予実分析する
予算と実績に大きな差が出る場合、予実分析を行うと良いでしょう。その差異の要因分析をします。予実管理の穴がわかるので、自社の課題を知ることができます。

6.課題の解決案を実行に移す
課題が挙がったら解決案を検討し、実行に移していきます。課題を解決すればするほど、経営目標が達成しやすくなります。

予実管理のよくある課題と解決策

予実管理を行っていると、よく次のような課題が挙がります。

予実管理のよくある課題

・予実管理資料の精度が低い・作成に時間がかかる
・過去データとグラフ等で比較したいが可能なツールがない
・複数のExcelファイルをまとめて合算するのが大変

予実管理は、いかに現状把握を素早く正確に行うかが重要になります。過去の実績と照らし合わせて、予算との乖離をチェックすることで自社の課題を知ることができます。

しかし、予実管理資料の精度が低かったり、作成に時間がかかったりすると、経営層の判断が遅れてしまいます。またデータを複数のExcelファイルなどで管理していると、その合算に時間と手間がかかってしまったり、データ破損の場合には大きな損失が出てしまったりします。

これらの課題解決策として、BIツールの活用が有効です。

BIツールでは、過去から現在に至るまでの売上データ等を簡単に分析することができます。ダッシュボード機能を活用すれば、リアルタイムに表やグラフが更新されていく様子を監視することもできます。すぐに経営層が見たいデータを表示できるので、経営判断スピードが上がりますし、Excelファイルを扱う社員も煩雑な管理から解放されます。

特に使い慣れたExcel入力フォームを変えずに、予算データをBIツールに取り込めるものであれば、従来手間のかかるデータの集計分析作業の時間をより削減し、予算管理業務の大幅な工数削減が実現します。

まとめ

予実管理の基本的な意味や手順、よくある課題と解決策をご紹介してきました。予実管理に関する作業を効率化し、経営目標を達成するためにも、BIツールをうまく活用していきましょう。

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP