BIツール入門講座

ETLとは?ETLの3つの機能と必要性

昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中、企業のデータ活用は不可欠になっています。そのような中、社内システムそれぞれが所有する膨大なデータを活用し、経営に活かすためにはデータ統合のプロセスである「ETL」が有効です。
今回は、ETLの概要や機能とともに、ツール導入の必要性もあわせて解説します。

ETLとは

ETLとは、「Extract(抽出)」「Transform(変換)」「Load(書き出し・格納)」 の頭文字を取ったもので、データ統合時に発生する各プロセスのことを指します。

ETLとは、様々なデータベースやシステムからデータを抽出し、扱いやすいフォーマットに変換処理をして、一つのデータストアに格納することを指します。あらゆるデータを集めて再編成するDWH(データウェアハウス)に書き出す一連のプロセスともいえます。通常、データは使い勝手のあまり良くない方法で存在していることから、ETLによってデータを整った状態にすることで、BIツールなどにおける分析に活用しやすくなります。

ETLの3つの機能

次に、ETLの3つの機能について確認していきましょう。

1.Extract(抽出)
データ抽出のプロセスです。社内にあるデータベースからデータの抽出を行います。このとき、データの利用目的を加味すると、どのようなデータを抽出するのかが自ずと決まります。

2.Transform(変換)
次は変換のプロセスです。ここでは、DWHに書き出しやすいように、一定の規則に則って、データの変換・加工を行います。もともと、データはすべて規則的に整ってはいないものなので、並べ替えたり、クリーンアップしたりと、整理整頓する必要があるのです。もし、先の「Extract(抽出)」のプロセスで、すでにDWHに書き出しやすいデータ形式になっていれば、変換のプロセスは不要です。

3.Load(書き出し・格納)
最後は、変換したデータをDWHへ書き出すプロセスです。DWHのインポート機能を使うほか、ETLツールのLoad機能を利用して、データの書き出しと格納を行う方法もあります。

ETLツールの必要性

ETLの一連の作業を自動的に行ってくれるETLツールを活用することで、ETLがスムーズにいきます。そこで、ETLツールがどのように役立つか、その必要性やメリットをみていきましょう。

1高度な知識を必要とせずデータ統合が実現する

従来、データ統合を行う際には、高度な知識を備えるプログラマやエンジニアによって、ETLの専用プログラムをシステムごとに開発・構築する必要がありました。一方、ETLツールがあれば自動でデータの抽出や変換、書き出し・格納を行い、データを統合してくれるので、スピーディーかつ開発なしで実施が可能になります。

2データ品質を向上させることができる

ETLツールは、データ抽出、変換・加工、書き出しに必要な機能が搭載されているシステムです。メリットは、DWHへのデータ統合が容易にできることです。データ形式などがバラバラであっても、データの重複や誤り、表記の揺れなどを自動で修正するため、質の高いデータ統合ができます。

3BIツールとの連携でよりスムーズに

ETLのあとは、必要なデータ分析を行うために、BIツールを活用すると効果的です。そのため、BIツールそのものにETL機能が備わっていることもあります。
例えば、分析に必要なデータを収集・加工・統合するETL機能が備わっており、散在したシステムデータを一元管理できる統合データベースを構築できるものもあります。さまざまな種類のデータを統合し、自由な分析・レポートで「見える化」するBIツールであればなお便利です。よりデータ集計・分析作業が効率化します。

まとめ

ETLの概要や必要性、メリットをご紹介してきました。より効率的な方法で実施するためには、ETLツールの活用が不可欠といえます。特にBIツールにETL機能が備わっているものが便利です。

> 統合データベース構築(ETL機能を利用) – LaKeel BIの機能

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP