BIツール入門講座

経営分析とは?迅速な経営判断に欠かせない経営分析の方法を解説

企業の業績を判断するために、経営分析は欠かせません。しかし、経営分析とは何か分からないという段階においては、その目的や手法、手順についても迷うところが多いでしょう。そこで今回は、経営分析の基本や重要性、手順と指標を解説します。

経営分析とは?

経営分析とは、財務諸表である貸借対照表と損益計算書に記載の数値を用いて、企業の「収益性」「生産性」「安全性」「成長性」等を分析し、自社の状態を客観的に知ることで、経営に役立てることを指します。

なぜ経営分析を行うのでしょうか。その目的は、経営方針の策定や、見直しなどが主です。財務諸表の中の客観的な数値から自社を正しく理解することで、より正確な経営戦略を計画することができるようになります。

迅速な経営判断に欠かせない経営分析の重要性

経営分析は、企業にとって重要なものの一つです。なぜ重要なのか知っておきましょう。

まず、経営分析により、自社の強みや弱みを客観的に知ることができるようになります。強みを伸ばすのか、それとも弱みをカバーして改善していくのか、それは企業ごとに異なります。客観的に強みと弱みを知ることができるということから、主観にとらわれない、正しい経営判断が可能になります。

さらに、経営分析で定期的に数値の推移を観察することにより、会社の業績が上向きなのか、それとも悪化しているのかを知ることができます。もし、悪化している場合には、早期に改善策を立てることができます。

分析結果をもとに、経営方針の見直しやあらゆる事業の計画策定などを自信を持って行うことができるということが、経営分析が重要とされる理由です。

経営分析の指標

経営分析には、よく使われる指標があります。それは「収益性」「生産性」「安全性」「成長性」などを知るための指標です。

例えば、収益性を数値で出すことで、利益を獲得する能力がどのくらいあるのかを知ることができます。収益性を数値で出すには、次の数値と計算式を用いて、例えば「総資本経常利益率(ROA)」という指標を算出します。

経常利益(年間)÷総資本(年平均)=総資本経常利益率(%)

経常利益と総資本の数値は、損益計算書と賃借対照表から得られます。

総資本経常利益率とは、経営活動において、どの程度の利益を得られたかを示す指標であり、この率が高いほど収益性があると判断できます。

このほかにも、生産性について「付加価値額÷従業員数」で算出される「付加価値生産性分析」という指標や、安全性について短期財務安全性分析の「流動資産÷流動負債」で算出される「流動比率」という指標などがあります。

こうした指標を算出することで、自社をより細かく分析することが可能になります。

経営分析の手順

経営分析は、どのような手順で行うのか確認しておきましょう。

1.用いる指標を決める
先述の通り、経営分析にはさまざまな指標が用いられますが、どの指標を使うかということは企業規模や業種、経営状況、事業内容によって異なってくるでしょう。「収益性」「生産性」「安全性」「成長性」などのうち、自社の何を知りたいのかを決め、自社に適した指標を選定します。

2.財務諸表から数値データを取り出す
1で選定した指標を算出するのに必要な数値データを取り出します。

3.指標を算出する
指標ごとに式に当てはめ、実際の数値を算出します。

4.指標を用いて分析する
指標の数値が出たら、相場と比較するなどして、自社がどのような状態にあるのかを分析します。そしてその分析結果を、経営戦略を立案する際などに役立てます。

こうした経営分析において、必要となるデータを効率的に管理し、経営分析に役立てられる専用ツールや、経営分析機能を備えたBIツールを活用することで、より経営分析が効率化します。

BIツールでは、最新の経営情報をいつでも確認することができ、迅速な経営判断も可能となるメリットもあります。経営上どこに問題があるかが一目でわかる可視化にも優れているため、問題が発見され次第、すぐに対策を打つことが可能となります。また経営分析業務そのものの効率化にも役立ちます。

まとめ

経営分析は、企業が自社を客観的に知るために重要な業務といえます。さまざまな指標を駆使して、自社の経営分析を実施していきましょう。またより手間なく迅速に経営分析を行うためには、BIツールの活用がおすすめです。

> BIツール活用シーン 経営分析・財務分析ツール

【関連する入門講座】
BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

実は、BIツールを有効活用するための出発点は、導入時にあります。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

導入時に行うべき検討を十分に行わなず、導入後に「こんなはずじゃなかった・・・」と
後悔しても、後の祭りです。

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

無料ダウンロードはこちらから

LaKeel BI 製品紹介

LaKeel BI 製品セミナー・研修講座のご案内

  • LaKeel BI 製品体験無料セミナー
  • LaKeelBI 研修プログラム
LaKeel BI 製品情報 導入事例集 無料ダウンロード BI導入チェックシート 無料ダウンロード

人気講座ランキング

活用シーン

LaKeel BI 製品体験無料セミナー LaKeelBI 研修プログラム

セミナー情報SEMINAR INFORMATION

PAGETOP