導入事例

ホンダ運送がユーザー自身でデータ活用が行える
統合データベース構築のため「LaKeel BI」を採用
~ 基幹システムで眠っていたデータを集約し横断的活用を目指す ~

プロフェッショナルサービス事業・プロダクト事業・食品安全推進事業を手掛ける株式会社レジェンド・アプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「レジェンド」)は、ホンダ運送株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:齊田 克浩、以下「ホンダ運送」)より、「LaKeel BI」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

「LaKeel BI」で業務改善を実施し、効率的なデータ収集と活用を目指す

国内自動車メーカー各社の新車輸送を手掛けるホンダ運送では配車に関する情報や車両情報、車両にかかる経費など様々な情報を基幹システムに保持していました。しかしシステム構成上、ユーザー自身でデータの出力項目を変更できず、システム会社に依頼する必要があり、その都度費用が掛かっていました。また各部署が基幹システムのデータを個別にExcelで管理し、多大な工数を掛けて類似した資料を作成していました。「LaKeel BI」を導入することにより以下のフェーズに分けてデータの活用を目指しています。

第1フェーズ
・基幹システムで管理している配車・車両に関する情報を「LaKeel BI」に統合し、ユーザー自身でデータ出力ができる状態にする
第2フェーズ
・「LaKeel BI」に統合したデータを使用してレポートやダッシュボードを作成し分析や施策策定を行う
・各部署が勤怠実績など同じ資料を作成せず「LaKeel BI」にて一元管理し作業工数を削減する

「LaKeel BI」で全社に散在したデータを集約し、ユーザー自身で柔軟に対応する

「LaKeel BI」は様々な形式のデータとの連携が可能なため、各部署で使用していたデータを統合管理できます。またLaKeel Studio機能を使用することで取引先各社によって異なる請求書フォーマットへの出力対応も可能となり、エンドユーザー自身で柔軟にデータ作成・加工が可能となります。

「LaKeel BI」採用にあたって特に決め手となったポイントは以下の4点です。
・利用者が増加してもコストが一定な「サーバーライセンス型」の料金体系であること
・Excelや基幹システムなど多様なデータ取り込みが可能であること
・導入前のデモンストレーションやサンプル画面提供で、現行の業務や今後取組みたいデータ分析作業を遂行できるイメージが具体的に持てたこと
・教育研修や問い合わせ対応などのサポートが充実していること

レジェンドでは、今後も「LaKeel BI」の充実したサポートと機能拡張を通して、ホンダ運送の業務を支えてまいります。

LaKeel BI 製品紹介

    • BI機能の紹介
    • BIレポート/高度な分析が行えるテンプレート
    • BI導入・運用のサポート
LaKeel BIで課題解決に取り組んだお客様の事例をご確認いただけます。無料でご提供しておりますので、ぜひご活用ください。

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、
自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、
さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

本資料では、LaKeel BIをご利用頂き、課題解決に取り組んだ事例をご紹介しています。

  • スクラッチで構築したデータベースの分析をワンクリックで実現
  • 1日がかりの分析作業をわずか1時間に短縮
  • 外部データとの連携でデータドリブンな次世代システム構築を
  • 旧システムの運用方法を変えることなくリアルタイムなレポート表示を実現
  • 週1回のメンテナンス時間が年1回にまで激減

無料ダウンロードはこちらから

他にもBI導入に役立つ情報を無料でご提供
  • BI導入チェックシート 無料ダウンロードはこちら
  • 無料ダッシュボード作成 詳細はこちら

導入事例一覧

PAGETOP