BIツール導入事例~予算管理・売上分析を効率化

ダイトロンが製販融合に向け「LaKeel BI」で予算管理・売上分析を効率化
~ 社内データを統合し迅速な経営戦略立案に活かす ~

プロダクトサービス事業・プロフェッショナルサービス事業を手掛ける株式会社レジェンド・アプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「レジェンド」)は、ダイトロン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:前 績行、以下「ダイトロン」)より、「LaKeel BI」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

電子機器及び部品事業、製造装置事業などを手掛けるダイトロンは2017年に3社合併を行い、製販融合企業としての歩みを進めています。全社横断の戦略立案のため、日々データ活用に取組むも、予算管理に利用しているWeb入力システムが、項目変更を容易にできないなど、カスタマイズ性の乏しさが課題となっていました。また売上分析に使っているレポートツールも柔軟性に欠け、二次加工が必要となるなど、これらのシステムがボトルネックとなり、社内データの活用が十分とはいえない状況でした。

「LaKeel BI」で社内データを集約し製販融合でのデータ活用を実現

ダイトロンはこの課題解決に向け「社内データ見える化」の分科会を発足、さまざまなBIツールを比較検討した結果、「LaKeel BI」を採用しました。
「LaKeel BI」のETL機能によりExcelを入力ツールとして利用できるため、項目の修正や追加も柔軟に対応できます。また、社内に分散しているExcelや他のシステムのデータを統合することで、同一レポート上でのデータ可視化が可能になります。さらに部門や製品ごとの収支や売上、原価率など、多様な切り口での分析が容易になり、迅速な意思決定が可能となります。

「LaKeel BI」採用にあたって特に決め手となったポイントは以下の4点です。
・ETL機能によりExcelや他システムのデータを容易に取り込めること
・定型・非定型レポート作成にあたっての自由度が高いこと
・オールインワンパッケージのため保守サポートがワンストップで受けられること
・利用者が増加してもコストが一定な「サーバーライセンス型」の料金体型であること

「LaKeel BI」で将来的には全社員への展開も視野に

経営管理部での利用に留まらず、将来的には社内ポータルに展開し、全社員で活用していく予定です。多くの社員がデータを意識した活動を行うことで、製販融合企業としてグループ総合力強化を目指します。

レジェンドでは、今後も「LaKeel BI」の充実したサポートと機能拡張を通して、ダイトロンの業務を支えてまいります。

【参考】
・経営・財務データはBIツールで一目瞭然!
・LaKeel BIで予算管理システムを構築

LaKeel BI 製品紹介

    • BI機能の紹介
    • BIレポート/高度な分析が行えるテンプレート
    • BI導入・運用のサポート
LaKeel BIで課題解決に取り組んだお客様の事例をご確認いただけます。無料でご提供しておりますので、ぜひご活用ください。

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、
自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、
さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

本資料では、LaKeel BIをご利用頂き、課題解決に取り組んだ事例をご紹介しています。

  • スクラッチで構築したデータベースの分析をワンクリックで実現
  • 1日がかりの分析作業をわずか1時間に短縮
  • 外部データとの連携でデータドリブンな次世代システム構築を
  • 旧システムの運用方法を変えることなくリアルタイムなレポート表示を実現
  • 週1回のメンテナンス時間が年1回にまで激減

無料ダウンロードはこちらから

他にもBI導入に役立つ情報を無料でご提供
  • BI導入チェックシート 無料ダウンロードはこちら
  • 無料ダッシュボード作成 詳細はこちら

BIツール活用シーン

導入事例一覧

PAGETOP