導入事例

東急住宅リースが全社的なデータ活用の基盤として「LaKeel BI」を導入
~ 積極的なデータ活用でお客様の資産価値向上を目指す ~

東急住宅リース

株式会社レジェンド・アプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「レジェンド」)は、東急住宅リース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北川 登士彦、以下「東急住宅リース)より、「LaKeel BI」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

東急住宅リースは、東急不動産ホールディングスグループ各社が展開していた賃貸住宅事業を統合し、2015年4月に営業を開始した企業です。以来、統合によるスケールメリットと各社のノウハウを活かした不動産賃貸管理・運営事業を展開し、既成概念にとらわれることのない新しいサービス・商品の創出を続けています。ブランド・タグライン「想いも、資産も。叶えていく。」ではお客様のために資産を最適に運用・活用するのはもちろんのこと、その背景にあるお客様の「想い」に寄り添いながら、「資産」の価値や可能性を広げていくことを宣言しています。

東急住宅リースでは以前より他のBIツールを利用し分析業務を行っていましたが、自由度が低く、新しい取り組みを行う際に度々コストが発生してしまうことが悩みでした。そこでシステム部門では、これらの問題を解決するべくBIツールのリプレイスを検討開始しました。

◆全社展開を見越してLaKeel BIを採用

既存のBIツールと比較検討した結果、レジェンドの提供するLaKeel BIを新たに導入することに決定しました。選定にあたって特に決め手となったポイントは、以下3点です。

・将来的な全社展開の際も一定コストで安心な「サーバーライセンス型」の料金体系であること
・定型・非定型レポート作成にあたっての自由度が高いこと
・ETL機能により多様なデータを容易に取り込み、多角的な分析ができること

◆LaKeel BIによる全社的なデータ活用によりお客様の資産価値向上を目指す

今回の導入では、将来的に全社員がBIツールを利用することを想定して選定が行われました。そのため、エンドユーザーでも自由にレポートが作成でき、利用人数が増加してもコストが一定なLaKeel BIが高く評価されました。

東急住宅リースはLaKeel BIを導入することで、多様なデータを用いたより多角的な分析の実現と、全社的なデータ活用による業務効率化を図ります。それにより、提案活動のスピードと品質向上、お客様のさらなる資産価値向上を目指します。
レジェンドでは、今後もLaKeel BIの充実したサポートと機能拡張を通して、東急住宅リースのデータ活用を支えてまいります。

LaKeel BIで課題解決に取り組んだお客様の事例をご確認いただけます。無料でご提供しておりますので、ぜひご活用ください。

LaKeel BIは、データ分析の専門家や情報システム部門などに頼ることなく、
自分たちの手で必要なデータを抽出・分析・加工し、その結果を「見える化」できるセルフサービスBIツールです。
各部署の現状や経営状況を一目で把握、事業の進捗状況を共有したり、システムを横断したデータ分析が行えるなど、
さまざまな点でメリットがあり、多くの企業で導入が進んでいます。

本資料では、LaKeel BIをご利用頂き、課題解決に取り組んだ事例をご紹介しています。

  • スクラッチで構築したデータベースの分析をワンクリックで実現
  • 1日がかりの分析作業をわずか1時間に短縮
  • 外部データとの連携でデータドリブンな次世代システム構築を
  • 旧システムの運用方法を変えることなくリアルタイムなレポート表示を実現
  • 週1回のメンテナンス時間が年1回にまで激減

無料ダウンロードはこちらから

他にもBI導入に役立つ情報を無料でご提供
  • BI導入チェックシート 無料ダウンロードはこちら
  • 無料ダッシュボード作成 詳細はこちら

導入事例一覧

PAGETOP